社会保険労務士に通信教育が必要な理由!

皆さんは社会保険労務士の試験は難易度が高いので、
通信教育の受講を検討しているのだと思います。

それでも確認のために社会保険労務士の難易度はどうなのか?
少し解説していきたいと思います。

まず社会保険労務士の難易度が高いと思った理由は、合格率が低いからだと思います。

社会保険労務士試験の合格率はほぼ毎年1桁台で、 合格するにはかなりの努力が必要だとわかります。

しかし、合格率というのはあくまでも結果で、一つの指標でしかありません。
それよりも社会保険労務士の難易度が高い本当の理由は以下の2つにあります。

●学習量が多い
●複雑な仕組みの年金の学習をしてなくてはいけない

資格試験に挫折する人の多くは、学習量が多くなる、つまり勉強時間が必要になるからです。
極端に言うと、1時間で合格できる試験なら誰も挫折しないと思います。

しかし、社会保険労務士は8つも試験科目があり、どんなに効率的に学習しても、
かなりの勉強時間が必要になります。

次に年金の複雑な仕組みを理解しなければならない事も
社会保険労務士の難易度が高いと感じる要因です。

詳しくは実際に学習すればわかりますが、年金は、
国民年金という土台があり、その上に厚生年金、共済年金などが加わり、
3階立て構造になっていて、仕組みが非常に複雑です。

また、最近ではその年金の仕組みが崩壊しつつあり、法律も年々変わり、
さらに複雑化しています。

そうしたことを理解しなければいけないので、社会保険労務士試験は難しいのです。

しかし、このサイトを見てくれている方は、こうした現実を知っているので、
多少お金がかかっても通信教育を受講するのだと思います。
その考えは、非常に合理的で、社会保険労務士に合格できる志向になっています。

後は、このサイトを参考に良い通信教育を受講できれば、
自ずと結果が付いてくるはずです。