学習量の重要性

ここでお話することは多くの方が誤解していると感じるので、
是非理解してほしいと思います。

まず大前提として社会保険労務士の難易度が高い大きな理由は出題範囲が広い事です。

全範囲まともに学習していては、合格までに何年かかるかわかりません。

しかし、多くの方は何故だかテキストの量や講義時間が膨大な通信を好みます。
確かに情報量が多い方がもれなくが学習できる印象があり、
しっかりとしたカリキュラムになっている印象を持つことでしょう。
資格学校がまさしくそれです。

しかし、範囲を広げたカリキュラムというのは、実は制作者側から言えば楽なのです。

何故なら、過去問を分析する必要はないですし、講義時間も増えるので受講料も高く出来ます。
その上、受講生の学習量も増え、挫折しやすくなります。


通信・通学のメリットは、試験に出題されそうなポイントを絞って学習できるので、 短時間の学習で合格の可能性を高められる事です。

社会保険労務士の出題範囲がいくら広いといっても、
実際に出題される箇所は限られるので、あれもこれも学習する必要ないのです。
しかも、ほとんどの方は社会人なので、
学習時間が限られ、無駄な箇所を学習している余裕はありません。

ですが、このように言うと、色々な知識を学ばなくては、 仕事で使える知識が身に付かないとと言います。

しかし、管理人からいわせてもらうと、
そんな事は試験に合格してから考えれば良いことであっても、
今考えることではありません。
それに現場で使える知識を身に付けるの現場でです。
机上だけで社会保険労務士の知識を身に付けられるほどあまくはありませんし、
試験に合格しなければ仕事をするどころからスタートする事もできないのです。

つまり、通信教育は、あれもこれもテキストに情報を載せているようなところではなく、
少ない量で合格させる通信教育の方が良いのです。

NEXT⇒フォーサイト