社会保険労務士は、反復勉強法を基本とする

具合的な社会保険労務士の勉強法は、受講する通信教育でしっかりと指導してくれるので、
ここで説明する必要はありません。

ここでは、社会保険労務士はどのような考えで勉強しなくてはいけないのか、
そこを理解してほしいと思います。

基本的に勉強法というとは、人それぞれのやりやすい方法があり、
どの方法が正しいとは言えません。
本当に重要なのは、方法ではなく、どういった考えで学習するかです。
その考え方と言うのが、「反復」です。

このサイトで何度も言っているように社会保険労務士は出題範囲が広く、
学習量が必要になります。
また、1つ1つの仕組みが複雑です。

となれば、一つ一つ確実に知識を覚えていかなければなりません。
そのために必要なのが反復です。

社会保険労務士の学習で必要な知識は、普段の生活でほとんど出てこないので、
中々頭に入ってきません。
ですから、何度も反復して頭に叩き込むしかないのです。

もし、反復もせずうる覚えで先へ進んでしまったら、はじめの頃に学習した事は
ほとんど頭に入っていなく、また一から学習しなければなりません。
それではあまりに非効率です。

社会保険労務士に合格する人の特徴は、覚えている知識はそれほど多くなくても
一つ一つの知識を確実に覚えています。
逆に不合格になる人は、あれもこれも覚えようとして、一つ一つの知識が曖昧です。

この2つの差は何かというと、反復している回数です。

社会保険労務士の出題範囲は広いのですが、実際の試験で問われる事は、
出題範囲ほど多くありません。
ですから、あれもこれも手を出せず、毎年出題されているような分野の知識を何度も反復して正確に覚えていって下さい。
それが合格への秘訣でもあります。