社会保険労務士に合格するための学習時間!

ここまで、社会保険労務士は出題範囲が広い、学習量が必要と何度もいってきましたが、
具体的な時間は示していませんでした。
もちろん、それには理由があり、学習時間と言うのは個人によってまちまちだからです。

一般的に社会保険労務士に合格するには、800時間とか1000時間と言われていますが、
それはあくまでも一つの例で、実際はそうならないことが多いと思います。

1000時間学習しても合格出来ない人は沢山いますし、逆に600時間くらいで合格できる人もいます。

ですので、どのくらいの時間、学習しなければいけないのか決める必要はないのです。
それよりも期間で決めてほしいと思います。

期間なら、学習開始月さえ決めれば、後は1日何時間勉強するか決めるだけですので、
目の前の課題をクリアすることだけ考えられます。

逆に時間で決めてしまうと、今日学習しなくても、その分明日学習すれば良いとなり、
学習が後回しになり挫折してしまう恐れがあります。

それでは具体的にどのくらいの期間が必要なのかということになりますが、
1年間は学習期間を設けてほしいと思います。

これは個人的な経験則ですが、1年間良い通信教育を受講してしっかりと学習することが出来れば、
合格不合格は別としても、合格レベルに達するだけの力は付くはずです。
(合格するかしないかは時の運もあるので)

後は、あなたが1年間挫折しないで学習することができるかです。

これは司法試験や司法書士など超難関試験以外に言えることですが、 最終的には学習を続けられれば、合格することが出来ると思います。 (よっぽど勉強が苦手な人は別として)

多くの人はそれが出来なくて試験に合格できないのです。
ですから、通信教育を受講して、少しでも効率的に学習することが必要になります。

絶対に最後まで諦めずに学習を続けて下さい。