通信教育は最後までやり終えること!

社会保険労務士の通信教育を受講する方の中には、少しわからなくなっただけで、新たな通信教育を受講する、若しくは教材を購入しようとする方がいます。
しかし、一度決めた通信教育は最後までやり続けて下さい。

例えば、それが良くない通信教育だったとしてもです。知識の定着と言うのは、同じ教材で効果を発揮します。

教材を変えてしまうと、新たに覚えなおさなければいけなくなり、また一からの学習になります。
また、一度教材を変えてしまうと、それが癖になり、様々な通信教育を受講する事になりお金と時間を無駄にしてしまいます。
ですから、最後までその通信教育を続けて下さい。
今回このサイトで紹介した、通信教育の選ぶポイントや通信教育の比較を参考にすればそんなに失敗することはありません。

失敗したと思ったのなら、それは通信教育のせいではなく、あなた自身の問題です。
全てとはいいませんが、どの通信教育も合格させようと色々考え、教材作りやカリキュラム作りをしいていて、実際に合格者もいます。
良く、インターネットで自分が受講していた通信教育を批判する人がいますが、裏の事情を知っている私から言わせれば、大抵は本人の問題です。

どうしてもその通信教育が合わないとしても、最低でも3ヶ月以上は学習してほしいと思います。
3ヶ月くらい続けられれば、その通信教育の表現やカリキュラムに慣れてきて、逆に学習しやすくなることもあります。
別のページで一度お話しましたが、合格するために一番必要なことは、続ける事です。

あなたが必死に頑張って続ける事が出来れば、多少教材が悪くてもいつかは合格できると思います。
そのことは絶対に忘れないで下さい。

コメントする